*

中学受験の本番で緊張しないために

中学受験のための試験勉強をしっかりとしてきても本番で緊張してしまい、本来の力を発揮できないこともあります。
本番で落ち着いて試験にのぞむためには、本番同様に過去問を時間制限を設けて挑戦しておくと効果的です。
普段は時間制限のない状態で勉強しているので、いざ本番になると時間制限にあせってしまう受験生も多くいます。
そうならないためにも普段から本番と同じような状況で問題を解く練習を積みましょう。
中学受験で志望している学校を下見して学校の雰囲気に触れておくのも試験当日に緊張しないために良い方法です。
電車や徒歩で学校まで実際に行ってみて試験当日の交通方法を確認しておくと慣れている感覚になるので緊張せずに試験会場まで行くことが出来ます。
受験当日にはじめて行く学校の慣れていない教室で問題を解くことがストレスとなって試験に集中できない原因となりますので、試験までの間に一度、志望校を下見に行っておくと良いでしょう。
参考サイト(⇒http://www.eluxurymoda.com/)を見て中学受験に備えましょう。



コメントする